コンサルで取り組む地域振興

最近、田舎から都会に出て行く若者がとても多いです。田舎では出来る仕事が限られていて、給料も低めのところが多いからでしょうか。田舎に住んでいたら、その低めの給料でも十分に暮らしていけるから見合った給料なのでしょう。しかし、若者にとっては物足りないとなるわけです。そこで、給料が高くて働き口がたくさんある都会に行ってしまうのです。そのため、田舎の地域が廃れていっていますが、最近それを見直して立て直していくコンサルがあります。地域振興が目的になっていて、住んでいる人はもちろんのこと、出て行ってしまった若者の人も呼び戻せるような動きが起きています。伝統工業などが忘れ去られてしまう前に、このようなコンサルがあるのはとても素敵なことだと考えられます。田舎に住むお年寄りがもっと生き生きと生活できるように、地域振興に力を入れることは素晴らしい取り組みです。

地域振興のコンサルに関して思う事です。

最近地域振興で感じる事は、ネットの力がとても重要だと感じます。B1グランプリでもそうですが、地域の産業や食文化などに他の地域の人々はとても関心があるようです。自分達の知らないお祭りの風習、不思議な行事、慣習、珍しい食べ物、広く知ってもらうと閉鎖的な地域だった場合はなおの事庶民の関心を集めるのです。コンサルは情報収集の力を生かして取捨選択に長けていると感じます。自分が当たり前だと思っている地元に住む人間の感覚や他にはない相違点を知る為にもコンサルを頼ってみると具体的な検案が出るのではないでしょうか。先日の東北の駅で卒業の言葉を書いたメッセージボードの事などでも、たった一つのアイディアなのに日本中、世界中で拡散するとその経済効果は計り知れないはずです。ホワイトボードとマジックだけで世界中に広がります。それはどんな小さな事にでもチャンスはあると思っていいのでしょう。コンサルはきっと人と違った事を提案してくれるのではなないでしょうか。

地域振興コンサルタントに出来ること

今各地で地域を活性化させる活動がさかんに行われています。例えばマラソンが行われたり、自転車でのロードレースが行われたりするのも地域振興の一貫と言えるでしょう。このようなことから各地から観光客や参加者が多く訪れ地域が活発になることを期待されることも大きな要因と言えます。しかしやり方を間違えるとイベントの不成功に終ったり、負債を抱えるという自体にもなりかねません。地域を挙げて行うということで規模がある程度大きくなりその損害も大きくなるという可能性もあるのです。この様なことを避けるためにも専門的な知識をもつコンサルタントに依頼するのがオススメです。コンサルタントなら地域にあったイベントや規模を算出してくれて成功へ大きく前進するスキルをもってサポートしてくれます。より大きな効果を挙げたいと思われたなら一度相談されるのをお勧めいたします。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)